昼寝のし過ぎは、死亡危険率◯倍!?

カラダシフト睡眠の荒川内 博です。

みなさん、昼寝はどれぐらいされますか?

 

1、ほとんど毎日
2、週3〜4回
3、週1〜2回
4、ほとんどしない

 

1、2を答えたあなた!

昼寝時間は長くなりすぎないように

注意しましょう!!

 

このペースで

1時間を超える昼寝をすると

アルツハイマーのリスクが2倍

死亡危険率が3倍と言われています。

 

昼寝の時間は15〜20分に抑えましょう。

60歳以上の方で長くて30分です。

3を答えたあなたも

60歳未満(目安)で15〜20分

60歳以上は30分までに!!

30分を越えると夜の睡眠に影響します。

4を答えたあなた!

お昼眠たくならなければ昼寝をする必要は

ありません。

しかし、夕方眠くなってしまうのであれば

前もって昼寝しておいた方が、夜の睡眠への

悪影響を減らせます。

昼寝は眠気も取れるし、作業効率も上がります。

15〜20分がベストです。

長くて30分以内にしましょう。

もし、起きてからカラダがダルかったり、

眠気が強く残っていたら寝過ぎのサインです!!

もう少し短くしましょう!!

ちなみに・・・

2時間以上の昼寝の習慣がある人は

昼寝をしない人に比べると、

アルツハイマーのリスク2倍

死亡危険率が14倍になるという報告もあります。

※出典:Bursztyn M,Ginsberg G,Stessman J:The siesta and mortality in the elderly:effect of rest without sleep and daytime sleep duration.sleep 25:187-191,2002

正しく昼寝を行えば、午後からの効率が上がります。

しかし、やり方を間違えると大変なことに

なってしまいます。

昼寝について

もう一度、見直してみてましょう(。-_-。)ポッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
たった2時間半で
中も眠くならない集中力が続く!
時間を2倍にする睡眠法則を手に入れる
ラダシフト睡眠1dayセミナー


下記の日程が合わない方は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
個別睡眠セミナーもあります!!
詳細・お申し込みはこちら

【2018年 日程アップ】
1月21日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
1月25日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
2月11日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
2月25日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
3月18日(日)  13:00〜15:30 
4月22日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
6月22日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
7月  8日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
7月 15日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
7月 19日(木)  19:00〜22:30 満席御礼
8月 26日(日)  13:00〜15:30 満席御礼


迷っている方は、残席がある今の内に参加表明してくださいね。

※現在、全体セミナー未定のため、個別セミナーへ参加表明お願いします!!

詳細・お申し込みはこちら


上記の日程が合わない方は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
個別睡眠セミナーもあります!!
詳細・お申し込みはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カラダシフト睡眠
荒川内 博


今日の内容はいかがでしたか?
まずは、5秒でLINE@でお友達になりましょう(。-_-。)ポッ
LINE登録はこちら


カラダシフト睡眠1dayセミナー開催決定
↓↓詳細は申し込みボタンで要チェック↓↓


睡眠の質を上げる原理原則をお伝えしている

カラダシフト睡眠1dayセミナー

・睡眠に悩みがある方
・悩みはないけど今よりもっとよくしたい方
・起きている時間のパフォーマンスをあげたい方
・睡眠を味方にして翌日のパフォーマンスを自分でコントロールしたい

 

¥51,000相当の2大プレゼント付き

セミナーへお越しください。






1日1分のカラダシフト睡眠
↓無料メール講座↓


1日1分で手に入れる睡眠レシピ


無料で配信中
画像をクリック



㊙カラダシフト睡眠15ヵ条 
↓プレゼント中↓


睡眠の質を上げるための カラダシフト睡眠15ヵ条を
プレゼント中

睡眠最新情報なども随時更新


この記事が気に入ったらイイね!しよう


1日1分カラダシフト睡眠!無料メール講座


カラダシフト睡眠1dayセミナー





日中も眠くならない集中力が続く!
時間を2倍になる睡眠法則を手に入れる




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠栄養指導士協会 第1期生認定講師 自身、極度の寝不足で倒れ半身麻痺を経験。 半年の過酷なリハビリ後、睡眠の勉強を始める。 現在は睡眠の専門家としてセミナーから個別カウンセリング 個別睡眠コンサルティング、ラジオパーソナリティなども務める。