不安から解放される安眠法

不安で眠れない。。

考えすぎて眠れない。。。

そんな悩みありませんか?

 

今回もLINE@より質問を頂いたので

お答えしますね(。-_-。)ポッ

寝ようとする時に限って、

「明日の仕事嫌やな。」

「あ、あれせなあかんわ。」など、

不安になことをずっと考えてしまって、

スッと寝たいです。

あと、たまに金縛りになるので

安眠できません。

といった相談を頂きました。

ありがとうございます。

 

ふむふむ。。

不安が頭をよぎると

頭の中でグルグルそれが回って眠れないってありますよね。

それが続くと本当にしんどいだろうなって思います。

 

そして今度は眠れないことに焦りが出て

また不安になる。

 

早く寝ないと明日の仕事に響いちゃう。

そんな思いがさらに睡眠を妨げる。

 

負のスパイラルに陥ってしまいますね。。

 

次に金縛り

これは睡眠麻痺とも言われています。

突然なるとびっくりするし、

怖かったりしますよね。

これについても解説していきますね。

 

不安で眠れないを解決する

心配事で眠れない日が続くと、

今度は眠れなかったらどうしようという不安が

寝る時間が近づくにつれて高まったりします。

そうすると、何か嫌な出来事が起きてなくても

毎晩寝付くのに苦労するようになってしまいます。

 

そうならないように対策を取っていきましょう。

 

7つの解決法

まずは、不安によって眠れないという悩みを

解決させる方法をいくつか挙げていきます。

できそうなことから試してみましょう。

 

1、不安や悩みを紙に書く

不安や悩みを紙に書くことによって

悩みなどの考えが客観的に

見つめ直すことができることがあります。

さらに、

この悩みをポジティブに変換するなら

どんな考えがあるかなと考えてみるのも有効ですよ。

これは寝る1時間前にやることをおすすめします。

 

人によっては、こんなことで悩んでたのかと感じる人もいます。

 

2、課題の分離

これはメンタリズムの友人から教わった

アドラー心理学で「課題の分離」というのがあります。

 

この説明は

ベストセラー「嫌われる勇気 ー自己啓発の源流『アドラー』の教えー」

でわかりやすい表現があったので抜粋します。

まずは「これは誰の課題なのか?」を考えましょう。

そして課題の分離をしましょう。

どこまでが自分の課題で、どこからが他者の課題なのか、

冷静に線引きするのです。

そして他者の課題には介入せず、

自分の課題には誰ひとりとして介入させない

これは具体的で、

なおかつ対人関係の悩みを一変させる可能性を秘めた、

アドラー心理学ならではの画期的な視点になります。

-「嫌われる勇気」より

 

元プロ野球の松井秀喜選手もこんなことを言っています。

自分がコントロールできることとできないことを分けて考えなければならない。

コントロールできることについては、結果につなげるべく努力をする。

コントロールできないことには関心を持たず囚われない。

−松井秀喜

 

他には

「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。」

という言葉もよく耳にする方もいるかもしれませんが、

これも同じ課題の分離ですよね。

1で話しした紙で書く。

それを課題の分離に分別する。

 

自分に変えられないことで、

自分に負の感情を与えているのであれば

冷静に私が変わるものではないと

まずは理解し、

そこからじゃあ、ポジティブに変換するなら

なんなのかを探し、自分の感情の変えれる部分を探してみましょう。

 

3、鏡に向かって笑う

人間の感情は、カラダの動きと連動されています。

思いっ切りガッツポーズし続けたまま

落ち込んでみてください。

落ち込めなくないですか?

 

これはカラダの動きと感情が連動している証拠です。

 

にっこり笑うことも同じです。

表情筋を笑う形に動かすことで

脳の感情がプラスに動きます。

 

そして笑顔というのは

自律神経の副交感神経が高まり

カラダをリラックスに導いてくれます。

 

鏡に向かって行うことで

視覚にもいい刺激を与えることができます。

 

カラダの動きから感情をコントロールできる

ということをぜひ体験してみてください。

いろんな時に役立ちますよ。

 

4、深い深呼吸をする

睡眠セラピストのラムラカーン博士によると

深呼吸を実践することで、心配から気をそらすことができます。

 

やり方はいろいろあるのですが

今日は1つお伝えします。

「息を深く吸って、2秒息を止め、脱力とともに息を吐く。」

他には何秒吸って何秒で吐いてなどありますが

数字を意識しすぎると良くないので、

まずは、上記の感覚でやってみてください。

 

そうすることで自分をスローダウンさせて

カラダと心の緊張が緩んできます。

 

さらに、

これは脳に寝息と勘違いさせて

眠っているんだなと思い込ませることによって

自然と眠りに入りやすくなります。

 

5、寝る前のスマホをやめる

これはもう知っている方が多いと思いますが

寝る前にスマホをすることによって

脳が覚醒してしまいます。

特に仕事のチェックとか、

YouTubeなど動画系は最悪です。

寝つきにくいだけでなく、

夢も見やすくなっちゃいます。

 

6、ベッドは寝る時以外使わない

パブロフの犬のように

ベット=寝る場所にすることで

その環境がカラダを睡眠状態に導いてくれます。

五感を使って香りとかもいいです。

毎回寝る前に同じアロマの香りを嗅いで寝るなど

ルーティン化させましょう。

 

7、「寝てもいいんだよ」って言ってあげる

これ結構重要で、必ずやって欲しいんですけど

寝れなかったら

「寝れない、寝れない、ヤバい、寝れない」

って思っちゃいますよね。

これ絶対やっちゃいけないです。

これはアファメーションというものなのですが

これを言っちゃうと余計眠れないです。

「寝れない」自分を生み出します。

優しく「寝てもいいんだよ」って安らかな気持ちで言ってあげてください。

これは呼吸法をしてる最中に言ってあげてください。

スッと深い睡眠に連れて行ってくれます。

 

ここまでが、不安で眠れないを解決する方法です。

 

===============

次は金縛りからの解放なのですが、

ちょっと長くなったので次回にしますね。

 

いかがでしたか?

できることから試してみてください(。-_-。)ポッ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
たった2時間半で
中も眠くならない集中力が続く!
時間を2倍にする睡眠法則を手に入れる
ラダシフト睡眠1dayセミナー


下記の日程が合わない方は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
個別睡眠セミナーもあります!!
詳細・お申し込みはこちら

【2018年 日程アップ】
1月21日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
1月25日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
2月11日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
2月25日(日)  14:00〜16:30 満席御礼
3月18日(日)  13:00〜15:30 
4月22日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
6月22日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
7月  8日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
7月 15日(日)  13:00〜15:30 満席御礼
7月 19日(木)  19:00〜22:30 満席御礼
8月 26日(日)  13:00〜15:30 満席御礼


迷っている方は、残席がある今の内に参加表明してくださいね。

※現在、全体セミナー未定のため、個別セミナーへ参加表明お願いします!!

詳細・お申し込みはこちら


上記の日程が合わない方は
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
個別睡眠セミナーもあります!!
詳細・お申し込みはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カラダシフト睡眠
荒川内 博


今日の内容はいかがでしたか?
まずは、5秒でLINE@でお友達になりましょう(。-_-。)ポッ
LINE登録はこちら


カラダシフト睡眠1dayセミナー開催決定
↓↓詳細は申し込みボタンで要チェック↓↓


睡眠の質を上げる原理原則をお伝えしている

カラダシフト睡眠1dayセミナー

・睡眠に悩みがある方
・悩みはないけど今よりもっとよくしたい方
・起きている時間のパフォーマンスをあげたい方
・睡眠を味方にして翌日のパフォーマンスを自分でコントロールしたい

 

¥51,000相当の2大プレゼント付き

セミナーへお越しください。






1日1分のカラダシフト睡眠
↓無料メール講座↓


1日1分で手に入れる睡眠レシピ


無料で配信中
画像をクリック



㊙カラダシフト睡眠15ヵ条 
↓プレゼント中↓


睡眠の質を上げるための カラダシフト睡眠15ヵ条を
プレゼント中

睡眠最新情報なども随時更新


この記事が気に入ったらイイね!しよう


1日1分カラダシフト睡眠!無料メール講座


カラダシフト睡眠1dayセミナー





日中も眠くならない集中力が続く!
時間を2倍になる睡眠法則を手に入れる




1 個のコメント

  • 中西様
    ありがとうございます!!
    そういって頂けて嬉しいです。
    中西様もよく眠れるようでよかったです(。-_-。)ポッ

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    睡眠栄養指導士協会 第1期生認定講師 自身、極度の寝不足で倒れ半身麻痺を経験。 半年の過酷なリハビリ後、睡眠の勉強を始める。 現在は睡眠の専門家としてセミナーから個別カウンセリング 個別睡眠コンサルティング、ラジオパーソナリティなども務める。